マンションセドリのときの値踏みのとりお客

マンションセドリをしようとする際には、勿論にそのプライス値踏みというものが必要になります。

では、そのプライス値踏みとは、いかなる面を基準にして行なう手法なのでしょうか。

結局、これは、マンションセドリが受ける場合に、その買い手の周囲はいかなるマンションセドリ価格になっていれば、そのマンションを購入しようとやるのか、ということになるわけです。

というのも、マンションのセドリプライスというものは、商人にとってはぜひ高値で売りたいのは当然のこととしても、買い手を無視したプライス手配では成り立たないために、あくまで、買い手が付くという範囲内でのできるだけの高額手配、というケース変わるわけだからです。

このために、買い手が納得できると思える範囲で、どんどん高額となるようにプライス値踏みをするわけで、具体的には築年数やインフラ機器、使用の辺り、端麗印象の確保ごと、などといったものを基準にして、そのセドリプライスをどしどし厳しく見積ることになるのです。