マンションセドリのときの税について

マンション売買の際には、「サラリーTAX」と「先住民TAX」という二つのタックスが課されます。
とはいえ、マンション買取の金額からマンション売買に要した金額を差し引きして、利益が出ていた場合に限られます。
たとえば、4,000万円で購入したマンションが5,000万円で売れたという事態、値鞘の1,000万円が課税対象になるということです。
一段と、仲介手間賃やリフォーム勘定などのマンション買取に付随する金額は、プラスから差し引くことができますし、「譲渡した時の1月毎日の時点で所有時間が5時を超えている事態」「居住用の民家として使われていた事態」といった指標を満たせば、他のサラリーと損益計をしたうえで、免税もしくは控除などの処置を受けることができます。
そうして、マンション売買の際に鳴るいまいちのタックスが、「印紙TAX」です。
受け渡し金が500万円上記1,000万円以下であれば10000円、1,000万円上記5,000万円以下であれば2万円、5,000万円上記1億円以下であれば6万円という感じになっていらっしゃる。