マンション売却にかかる費用について

マンション売却には、さまざまな費用がかかってきます。

不動産会社を通してマンション売却をした場合、その不動産会社へ仲介手数料を支払わなければなりません。
仲介手数料は規定によって上限額が定められています。
3000万円の物件であれば、およそ100万円強となります。
ただし、買い主が不動産業者であった場合は、支払わなくてもよいことになっています。

契約書の印紙代も必要です。
1000万円から5000万円の物件であれば、1万5千円です。
一般的には印紙そのものは、不動産業者が準備してくれますので、現金で不動産会社へ支払うことになります。

また、抵当権の抹消や登記簿への登記手続きなどを司法書士へ依頼することが一般的です。
そのために、司法書士への支払いも必要になります。
費用は、司法書士事務所や地域によって違いが出てきます。
おおよその費用は、2~3万円となります。

マンション売却に利益が出た場合、譲渡所得税が発生します。
ただし、居住用物件では、3000万円の控除があります。
逆に損益が発生した場合は、税金が戻ってくることもあるので、必ず税務署で確認するようにしましょう。

買い主からの購入代金を自分の口座へ振り込む際の手数料も発生します。