マンション販売のときの斡旋成約について

不動産店舗にマンション譲渡の仲立ちを依頼する際は、「仲立ち加盟」を結ばなければなりません。
こういう仲立ち加盟は、売主と不動産店舗の頃におけるビジネスの用や仲立ち手間賃などをはっきりさせるため、マンション譲渡のときのもめごとを予防するための物であり、マンション譲渡仲立ちの申し入れを受けた不動産店舗は、こういう契約を結ぶことが掟で義務付けられている。
仲立ち加盟には、「個々専属仲立ち」「専属仲立ち」「一切仲立ち」の三つがあります。
個々専属仲立ちは、1事務所にのみ仲立ちを依頼するという加盟であり、他の不動産店舗に仲立ちを依頼することはできません。
自分で買手を見付けた場合でも、不動産店舗を通して取引を行う必要があります。
専属仲立ちは、個々専属仲立ちとおそらく同じですが、自分で買手を見付けた場合は、不動産店舗を通さずに取引を行うことが可能です。
一切仲立ちは、自分で見付けた買手と自由に取引できるうえ、複数の不動産店舗に仲立ちを依頼することも可能です。