マンション転売のときの住人タックスについて

マンション販売の場合、必要な料金や租税など、出歩くお金にも注意が必要です。
 マンション販売の取り引きが決まったら、不動産店舗にあっ旋料を払います。販売に向き合う所有権転出の記帳料金は、買手が負担することになっていますが、融資が留まる場合は、残債を一括清算し、抵当権を抹消始める料金は売主気苦労なので、販売勘定から払います。販売勘定より残債が多い場合は、片手落ち当たりを現金などで返金し、抵当権を消しないと、販売自体ができません。
 ここまでは、販売と同時のお金の流れですが、税金については後から来るので、忘れていると大変です。
 租税には国の租税=国税と、都道府県や市区町村など、行政の租税=地方TAXがあります。個人の年収に対しては国税の年収TAXと、地方TAXの住人TAXが課税されます。
 マンション販売の来季3月15日光までに確申をして年収TAXを納付すると、住人TAXは去年の年収売り値を基にして6月から課税されます。年収TAXと住人TAX、それぞれの売り値と納付状況について、事前に計算して準備しておきましょう。