マンション転売のときの損益通算について

マンション販売をしたら、来年の3月15日までに年収タックスの確申が必要です。
 但しマンション販売の税は別居課税といって、対価や職務など、他の年収とは損益合算(=黒字と赤字を差し引きして、残る値鞘に対してだけ課税始める機構のことを言います)できない結果、赤字の場合は申出でをする必要はありません。
 ところで、別居課税の不動産販売で赤字になった件、全部課税の年収とは損益合算できませんが、おんなじ年に他の不動産を売却して、利益が出ている場合、不動産の販売年収同士でなら合算が可能です。
 マンション販売で利潤が出た場合に、過去に買った不動産で、いまうまみも下がってあり、利用していない不動産がある場合は、おんなじ年のうちに売却して赤字を出せば、節税に役立てることができます。
 マンション販売の税は、把持ターム5年以内の短期販売の件、年収タックスとエリアタックス、再建年収タックスを合わせて39.63%、5年超の長年販売年収の場合は同じく20.315%の税がなるので、100万円の損益合算なら、短期の件396,300円、長期の場合でも203,150円の節税になります。