知っておいて欠損はない!不動産査定トリビア:元値法とは

不動産査定のものには、「仕入れ値法」「手当て返納法」「転売キャリア照合法」の三つがあります。
これらの不動産査定の方法の一部分、仕入れ値法は「再受領仕入れ値」をベースに「減価補正」を行って見積りを決定するという、不動産査定それでは定番のものです。
再受領仕入れ値とは、おんなじ不動産を買うと仮説した場合に必要な単価の結果、減価補正とは不動産の本質が後ずさる事由を加味することです。
仕入れ値法で産出される見積りは「積算価格」と言いますが、その積算価格は「再受領仕入れ値−減価総計」という種別で求められます。
再受領仕入れ値には、大地を査定する場合はキープ仕入れ値や造成チャージなど、施設を査定する場合は建築費などが当てはまります。
大地存在の施設の場合は、互いの再受領仕入れ値を足すことになります。
また、減価補正の要因となる物には、外壁の衰弱や壁紙の損傷などといった「物理的事由」や、本拠地沈下などの「ロジカル事由」、傍ら地域の衰微や大ボリュームなモールの展示などといった「経済的事由」があります。