築年齢とマンション査定の脈絡

マンション査定にはマンションの築年季が広く関係してきます。
戸建ての住宅の場合も関係して来るが、ひと通り戸建ては15時代ほど経過しますと二度と住宅そのものの値打がなくなるのです。
ただしグラウンドは築年季により値下がりするというものではありませんのでその後は地価がすごく査定額に影響します。
マンションの場合もグラウンドを一端権利を持っていますので地価も関係して来るがマンションの金額のうちの大部分は民家ですので築年季が長くなればなるほどにマンション査定総計も下がっていくのです。
地価が変動しなかったという制限で考えますとひと通り通年マンションの会得総計の7割程度の価格になります。
たった一年で三割分の値打が下がってしまったということなのです。
ですのでもしマンション査定をして販売をしたいと考えるのでしたらできるだけ5時代以内に売るようにしてください。
10時代以上にもなりますと特別な部門ほかでしたらあんまり済む総計は望めません。