1. TOP
  2. ガス給湯器の故障とその一般的な原因について

ガス給湯器の故障とその一般的な原因について

ガス給湯器 故障 原因

ガス給湯器の故障とその一般的な原因について
一般的にガス給湯器は、設置して10年くらい経過すると故障が発生しやすいと言われています。

ガス給湯器の故障原因には、寒さによる凍結、お湯にならない、温度が安定しない、煙が出たり臭いがする、異音がするなどがあります。

ガス給湯器の故障の原因は色々ありますが、一般的には給水フィルターが詰まっていることや給水栓が十分に開いていないこと、または水栓金具の不具合などが挙げられます。

フィルターの清掃や水栓金具の修理や交換が必要です。

ガス給湯器のトラブルは壊れるなどの不具合のせいばかりではありません。

特に原因がない単純な接触不良の場合もあります。ガス給湯器の寿命を延ばすためには定期的なお手入れやメンテナンスを行った方がよいでしょう。

しかし、機器周辺がガス臭い場合は、窓や戸を大きく開け、ガス栓を閉め、ガス会社へ大至急電話するといった対応が必要です。

その場合は火気は絶対使用してはいけません。そしてどんな場合でも機器本体に触らないようにしましょう。

ガス給湯器(横浜・川崎を中心に東京・千葉・埼玉)のトラブルなら
ガス給湯器センター”ほっとユー”へおまかせください!

フリーダイヤル0120-889-944