1. TOP
  2. ガス給湯器と設置基準とは

ガス給湯器と設置基準とは

ガス給湯器 設置

ガス給湯器と設置基準とは
ガス給湯器を設置するときには、設置基準が決まっています。
屋外用温水器については、可燃物(不燃材のときも同じ)との離隔距離が機器上方は排気口よりも300mm以上離す必要があります。
また、ガス給湯器の前方は600mm以上離す必要があります。
不燃材では、300mm以上になりますがメンテナンススペースに600mm以上の確保が必要です。
更に600mm以上前方でも排気熱が直接触れる部分で、熱に弱い物(プラスチックなど)や変色しやすいもの(塗装など)には不燃断熱材で保護する必要があります。

ガス給湯器の後ろは、10mm以上離し、側方は150mm以上離さなければなりません。
不燃材の場合は、45mm以上ですがメンテナンススペースに150mm以上のスペースが必用です。
また、下方は150mm以上になります。

もし、給湯器と周囲との離隔距離が設置基準とおりに設置されていないと、不完全燃焼などがもとになって機器排気口から火の粉が出る恐れもあります。
大変危険なので、もし設置基準どおりにされてない場合は点検などを受けて確認した方がよいでしょう。