1. TOP
  2. 給湯器について:その仕組みとは

給湯器について:その仕組みとは

ガス給湯器 仕組み

ガス給湯器とその仕組みとは
ガス給湯器とは、ガスを燃焼させた熱によって水を加熱してお湯へと変える機器のことをいいます。
ガス給湯器は「瞬間式」「貯湯式」の2種類に大別され、これらはガスによって水を加熱する仕組みは共通していますが、構造はそれぞれ異なっています。
瞬間式は瞬間湯沸器とも呼ばれるガス給湯器で、このタイプでは内部の金属製のパイプに継続的に水を流し、そのパイプを内部のガスバーナーで加熱することにより、水をお湯へと変える仕組みとなっています。
これに対し、貯湯式は内部にお湯をためるタンクが搭載されているのが特徴で、このタイプではタンク内に100~300リットルの水を貯蔵することができ、タンクごとガスバーナーで加熱することにより、一定量のお湯を内部へ保つことが可能な仕組みとなっています。
なお、近年ではこれらのタイプのほかに、加熱時に発生した余分な熱を再利用して水を加熱するタイプの製品も登場しており、このタイプの製品では従来のガス給湯器に比べて高い熱効率が実現されています。